株式会社 フィール

デジタルトランスフォーメーションで有機栽培をグローバルに展開します

美味しいはもちろん、有機資源の循環を
行う中で生まれた安全な食品を提供!

農作物を作って、食べて喜んでいる人がいる幸せ。
食べて、作っている人に感謝する幸せ。
食べてもらえる人に出会う幸せ。
有機栽培でそんな人たちを増やしてゆくのが、私たちの夢。

サーキュラービジネス

日本の養鶏場は鶏糞処理に困っている。

日本には2億4千万羽の鶏がいて、その餌はアメリカ、ブラジルなど海外から輸入。 消化の悪い鳥は水も含めて7割が糞に。年間250万tの鶏糞と焼却灰が発生。
※採卵鶏は発酵鶏糞に。食養鶏は火力発電の燃料として焼かれて残った灰は肥料となる。日本は糞を産業廃棄物とするので、養鶏業者は肥料にして養鶏場外に出さざるを得ない。しかし、肥料の国内需要は春と、秋。それ以外は、鶏舎に積まれて糞詰まりになる。それが養鶏場の大きな経営課題。

余った鶏糞は輸出
その肥料でできた作物の買上げ

グローバルな技術移転

ベトナムは有機栽培技術の浸透が浅い

ベトナムの海外最大の鶏糞肥料の輸入国は日本で、その輸入量は年間10万t。
しかし、有機栽培の技術は、農民にあまり普及していない。

我々は、2017年から2019年までベトナムの農民連合(国営営農組織)と連携して 有機栽培のセミナー、現地指導を行ってきた。

日本の有機栽培技術を移転させる

有機栽培のDX(デジタルトランスフォーメーション)

コロナで開けないベトナムでのセミナーや研修。

有機栽培の作型をアプリで情報提供し、ユーザーの栽培している作物規模に合わせて、量を提示し、アプリ内で販売。同時に防除のための有機農薬も販売。

栽培日誌や農具の販売サイトもアプリ内に併設。

アプリで販売する肥料は、日本から輸出した発酵鶏糞と灰。現地の椰子殻灰をブレンドして、農民連合経由で引き渡します。

有機栽培のDX
アプリで栽培指導、肥料や農薬、農機具販売、栽培記録の保存、トレサビリティのデータ

格差解消

ベトナムの農家は貧しい。

ベトナムの農家の平均月収2万円。特に、少数民族は貧しい。
我々は、発酵鶏糞肥料でできた作物を買上げて、フェアトレードで日本に輸入している。

肥料を寄付して、それを現金化して、家を改築してもらっている。

輸出作物の普及、フェアトレード
農家への寄付